1. ごあいさつ

    全ての経営者の
    社外相談役を目指して

  2. 伴走支援へのこだわり

    目標を共有して
    達成するまで一緒に

  3. 企業概要

    「FIL」とはフランス語で
    「糸」という意味です

  4. アクセス

    岡山県内を中心に
    小規模事業者から中小企業まで

  1. パティスリーWAKANAの岡山RINGドーナツ

  2. 阪本鶏卵の水島臨海鉄道認定商品

  3. 有限会社 阪本鶏卵

  4. 海鮮厨房 まからずや

  5. パティスリーWAKANA

  6. 星の里たまごのリブランディング・プロジェクト

  7. 岡山県産バナナのブランディング  株式会社おかやまおひさまファーム 様

  8. VecchioBambino Primavera ベッキオバンビーノ春の大会限定パッケージ

  9. 有限会社 阪本鶏卵「花も実もなる有機肥料」パッケージデザイン

  10. 岡山市障害者就労支援施設工賃向上支援事業

  11. 岡山県立東支援学校のクッキープロジェクト

  1. 有限会社 阪本鶏卵

  2. 海鮮厨房 まからずや

  3. パティスリーWAKANA

  4. 金山デンタルクリニック

  5. 障害者アートを活用したデザインビジネス展開事業〜DESIGN GOALS

  6. 星の里たまごのリブランディング・プロジェクト

  7. 有限会社 阪本鶏卵「社内報」

  8. NicoNicoDo 〜NPO法人あおぞら会 A型作業所ひかりリニューアル

  9. 岡山県立東支援学校のクッキープロジェクト

  10. めぐみ農園のロゴデザイン

  1. 海鮮厨房 まからずや

  2. パティスリーWAKANA

  3. 金山デンタルクリニック

  4. 障害者アートを活用したデザインビジネス展開事業〜DESIGN GOALS

  5. 特定非営利活動法人あおぞら会HPリニューアル

  6. 障害者アートを活用したデザインビジネス展開事業〜DESIGN GOALS

  7. アース産業株式会社 コーポレートサイト・フルリニューアル案件

  1. 有限会社 阪本鶏卵

  2. 海鮮厨房 まからずや

  3. 星の里たまごのリブランディング・プロジェクト

  4. (有)阪本鶏卵様の企業PV制作

  5. アース産業株式会社 コーポレートサイト・フルリニューアル案件

  1. 有限会社 阪本鶏卵

  2. パティスリーWAKANA

  3. パン処 ぱなでりあ

  4. 星の里たまごのリブランディング・プロジェクト

  5. NicoNicoDo 〜NPO法人あおぞら会 A型作業所ひかりリニューアル

おかやまバナナで収穫体験

未分類

岡山市南区藤田にある、おかやまおひさまファームさんの農場へ、子供を連れて収穫体験に行ってきました。

夏に挑戦されていたクラウドファンディングに支援していたリターンで参加させていただきました。

台風被害で、ハウスのビニルが敗れてしまい、強風に煽られてバナナの葉は無惨な姿に、、、

ハウスの中にも、被害を受けて細切れに裂け目が入ったバナナの葉がまだ残っていました。

農園主の斎藤さんが、笑顔で出迎えてくれました。

昨年導入された、移動販売者のカラーリングがとっても可愛い!

こちらで、カフェラテと、自慢のおかやまバナナをご馳走になりました。

最近、バナナにハマっている娘は、大喜び。

ころんとした可愛い形で、カーブが緩やかな形。

ねっとりとした甘味が広がります。

果肉が密な漢字なので、小ぶりなバナナなのに満足感があります。

3棟のハウスの中には、バナナの林が広がっています。

手前には、パパイヤやパイナップルなど、南国系の果物の苗が所狭しと並んでいます。

パパイヤの苗

来年には、バナナと一緒に作物が色々と増える予定なんだとか!

楽しみが増えますね。

パイナップルの木

そうこうしてると、来訪者が、、、

つしまみんな食堂の方がいらっしゃいました。

フーフドロス削減に「食」を通じて他せだい交流の場作りをされている団体の方でした。

斎藤さんから、一箱にたっぷり入ったバナナが手渡されました。

いや〜太っ腹です!!

そして次はなんと!

バナナチョコ大福の登場!!

おかやまマルシェの繋がりで、ノートルダム聖心女子大学の学生さんがメニュー開発されたのだとか。

あんこの代わりにチョコレートでコーティングされたおかやまバナナを餅でくるんで、甘さ控えめで、めちゃくちゃ美味しかったです。

チョコレートは渋みのある本格的な味で、バナナの自然な甘味が生きている感じですね。

チョコバナナ大福

さらに!

この季節に嬉しい、石焼き芋まで!!

娘と一緒に大喜びでした。

紅はるか、安納芋、鳴門金時。

しかも3種食べ比べまで準備いただいておりました。

まだちょっと早そうだったので、焼き上がるまでに、収穫体験を、、、

ハウスの中は、バナナのジャングル。

たわわになった、青いバナナの大きな房があちこちに。

このハウスの環境整備で、倉敷のB型作業所のクムレさんが、雑草を抜いたり落ち葉の清掃などで定期的に通われているそうです。

数人で2時間程度で綺麗にしてくれるのでとても助かっているとのことでした。

土づくりからこだわって、肥料も有機質のものを何種類も組み合わせて使っておられます。

そしてこれが、バナナの花!

なんとも不思議な色と形です。

この紫色の苞が一枚づつ剥けて、中に並んでいるのがバナナの花。

この花1つずつが、バナナになっていくんだそうです。

大きなバナナの木の足元に、可愛いバナナの子株が芽吹いてました。

斑入りの模様入りで、なんだか観葉植物のようです。

ハウスを奥まで歩いて行った先には、なんとパパイヤの木が路地植えされてました!

パパイヤの木、初めて見ました。

こんな風になるんですね〜!

青いパパイヤ、かなり大きくて、これも収穫体験させてもらいました。

軍手をはめた手で身を上に持ち上げると、パキっという音がして、簡単にもげました。

実からは、白い液体が滲み出てきてます。

これが栄養素なんでしょうね〜〜

パパイヤの雄花

パパイヤは、雄株と雌株があるそうで、植えてみないとわからないそうです。

畑には、交互に雄株と雌株が植えられてました。

パパイヤの雄株

パパイヤの雌株

それからパイナップルの収穫に!

こんな風に、1株に1つずつ実がなっています。

下に小さくついているのは芽で、これを植え付けると2年もすれば実が取れるようになるんだとか。

パイナップルの花

パイナップルの花、南国の色ですね〜

鮮やかで綺麗です。紫色の小さな花が見えますね。

ハウスの中は、パイナップルとバナナの林で、南国ムードです。

昼間は加温しなくてもまだ大丈夫だそうですが、夜には、暖かい空気をハウス内に送っているそうです。

バナナは寒さには弱いそうで、枯れないけれど成長が止まってしまうので、冬はどうしても加温が必要なのだそうです。

ローズヒップティーのローゼルも見つけました。これは、ハイビスカスのような可愛いはなが咲きます。

そしてお待ちかねの石焼き芋!

3種類の芋を食べ比べる、という贅沢さ!

安納芋と紅はるかはねっとり系で、皮の中は、まるでクリームみたいにとろけていました。

栗のクリームみたいで、皮を押すと中身がぶにゅっと出てくるんですね。

裏漉ししてないのに、この食感になるって、とても不思議な芋です。

鳴門金時は、ほくほく系なので水分が飛んでフワッフワのホクホクの食感でした。

これぞ石焼き芋!って感じですね。

熱々の芋を段ボールに詰めてもらって、お土産がいっぱいです。

最後に、バナナの房から青いバナナを切り取っていただきました。

子供たちは、バナナの葉っぱをもらって大喜び。

斎藤さん、色々とお世話になりありがとうございました!!